〒574-0026 大阪府大東市住道1丁目2-25 
JR住道駅徒歩3分

 
9:00~13:00
16:00~20:00

△:土曜 8:00~13:00 / 14:00~17:00

お気軽にご予約・お問合せください

072-872-5678

妊活中におすすめ!季節の変わり目「秋」の養生法

秋は夏の暑さや湿気がおさまり、一年中でもっともさわやかな季節です。

東洋医学では夏に取り入れた”陽気”といわれる”エネルギー”を身体の内側に取り込み、それを自分の生命力として発揮する季節だと考えられています。

また秋は”立秋(8月8日頃)~霜降(そうこう)(10月23日頃)”と東洋医学の基礎となる書物には記載されており、暑さばかりに気を取られ体調を崩す方はとても多いです。

そこで今回は妊活中の方におすすめの秋の養生法をご紹介していきたいと思います。

秋は身体にどのような影響があるのか?

東洋医学では”人は天地自然によって生かされており、切り離せない存在”という考えがあります。

そのため四季によりその気候にあった身体に順応することで健康が維持されており、妊活中の方にとってはこれが”妊娠しやすい身体”になります。

日頃の不摂生などによりその気候に合っていない身体になっていると体調を崩し様々な症状がでると考えられています。

東洋医学の五行説には季節によって機能が失調しやすい五臓六腑が記載されており、秋は”肺”と関係が深いと言われています。

【肺のはたらき】

肺は生命エネルギーである”気”を主ります。

気とは身体の構成要素のひとつで”身体の表面をまんべんなく循環することで津液(体液など)の代謝や外的なウイルスなどの防衛”をおこなっています。

そのため秋に肺の機能が失調すると”免疫機能の低下”がみられ風邪をひきやすくなったり”水分代謝”が悪くなることがあります。

秋に肺の機能が失調する主な原因とは

秋に肺の機能を失調し、体調を崩しやすい主な原因は”夏の不摂生”が考えられます。

東洋医学で肺は”貧臓”といわれており、五臓六腑のなかでも”冷えや暑さにも弱くとても機能が失調しやすい”臓腑になっています。

秋は立秋からですが気候的にはまだまだ暑い時期になっています。

そのため”冷たい食べ物や飲み物、冷房の当たり過ぎ”などの不摂生が続くと本格的に秋の”冷えや乾燥”がはいるときに肺が損傷し、様々な症状があらわれます。

夏は”体内の熱を逃がすため、毛穴が開き汗をかくとことで余分な水分や老化物を排出”していますが、秋になると朝晩の寒暖差も激しくなることで”毛穴の開閉がうまくいかず逃がしたい熱や老廃物を外に出すことができない”ことがあります。


肺は”皮毛や鼻、呼吸器”と関係が深いため、肺に余分な熱や水分、老廃物が溜まっていると

  • 咳(空咳)
  • 鼻水、くしゃみ(朝起きた時)
  • アトピーや蕁麻疹などの皮膚疾患

などの症状がみられることがあります。

季節の変わり目の「秋」におすすめしたい養生法

先ほどご紹介したように”夏の不摂生”により体調を崩される方がとても多いです。

妊娠に至るために一番大切なのは”心身ともに健康”であり、東洋医学では”気候の変化に順応できる身体が”妊娠しやすい身体”と考えられているため日頃の養生がとても重要になってきます。

肺と関係の深い秋は肺機能を失調しないように

  • 肺機能を高める食べ物をとる
  • 適度に発汗する
  • 薄着をしすぎない

肺機能を高める食べ物をとる

東洋医学で肺機能を高める食べ物は主に

  • 白いもの
  • 辛味のあるもの

と言われています。


特に“大根や白菜、長ネギ、玉ねぎ、山芋、梨、白きくらげ、白ごま、豆腐”などの白い食べ物は”肺を潤す“働きがあり、乾燥が進むこの季節には大変おすすめです。

また”しょうがや唐辛子、胡椒“など辛みのある薬味は”身体を温め、発刊作用などを促す“働きがあるため肺機能を補いつつ冷え改善の効果も期待できます。

ですが辛味は摂り過ぎると胃腸に負担がかかってしまうため適度に摂取するようにしましょう。

秋は寒暖差なども大きく身体は冷えやすくなるため“生野菜や果物”の摂り過ぎには注意しできるだけ火を通して摂取するようにしましょう。

適度に発汗する

秋に鼻炎などアレルギー症状がみられる方の多くは”夏場の発汗不足や余分な水分をため込んでいる”ことが原因になります。

そのため夏と比べ汗をかきにくくなっている秋口にも適度に発汗していただくことで溜まった余分な水分や老廃物を取り除くことができます。

身体を動かして汗をかくことはもちろんですが、なかなか時間が取れない方は

  • お風呂の際は湯船に浸かる
  • 味噌汁や鍋など温かいものを食べる

などの方法も効果的です。

湯船に浸かる際はのぼせの原因にもなるため、長風呂は避けていただく必要があります。

目安としてはいつもより”5分程度長め”に浸かっていただくか”鼻がよく通るようになったり、呼吸がしやすくなる”タイミングが発汗し熱が取り除かれている合図のため、それらを目途に上がるようにしましょう。

湯船に浸かることで肺機能を高めるほか”冷えや血流の改善”にも効果が期待できるため秋冬だけでなく夏場でも湯船に浸かることがおすすめです。

薄着しすぎない

東洋医学で肺は貧臓のため”寒暖差”にとても弱い臓です。

秋口はまだ日中が暖かいことが多いため、薄着になりがちですが朝晩は冷え風も出ることが多いため薄着をしすぎると肺が弱る原因になります。

また東洋医学では”首元から外邪(冷えやウイルスなど)が入り、体調を崩す”という考えがあるため首元の冷やしすぎにも要注意です。

妊活中の方にとって”冷えは大敵”のため、薄着や首元のあいた服装は控え”カーディガンやスカーフ”などで調節できるような服装を心がけましょう。

まとめ

今回は妊活中の方におすすめしたい秋の養生法をご紹介しました。

妊娠にいたるために一番大切なのは“心身共に健康である”ことです。

食生活や睡眠などの生活習慣の見直しももちろん重要ですが、季節に合った養生も一緒にしていただくことが妊娠への近道になりますので日頃から養生を心がけてみてください。

当院はブログだけでなく、YouTubeでも妊活に役立つ情報を発信しておりますのでぜひチャンネル登録をしてご覧ください。

関連動画

秋から始めたい妊活とは?

【妊活】この野菜は妊娠しにくくなるので注意

お気軽にご予約・お問合せください

お電話でのご予約・お問合せはこちら
072-872-5678
受付時間
平日 9:00~13:00 / 16:00~20:00 
土曜 8:00~13:00 / 14:00~17:00
定休日
日曜、水曜午後

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

072-872-5678

<受付時間>
平日 9:00~13:00 / 16:00~20:00 
土曜 8:00~13:00 / 14:00~17:00
※日曜、水曜午後は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2024/06/20
お盆休暇のお知らせ
誠に勝手ながら令和6年8月4日(日)~8日(木)はお盆休暇のため休診させていただきます。
2023/10/16
臨時休診のお知らせ
誠に勝手ながら令和5年11月13日(月)は学会研修会参加のためお休みさせていただきます。
2023/07/03
最新の妊娠報告をUPしました。

三ツ川レディース漢方鍼灸院

住所

〒574-0026
大阪府大東市住道1丁目2-25

アクセス

JR住道駅徒歩3分 駐車場:無

受付時間

平日 9:00~13:00 / 16:00~20:00 土曜 8:00~13:00 / 14:00~17:00

定休日

日曜、水曜午後