漢方薬 | 不妊|漢方|鍼灸|大阪|卵子の質改善|不妊専門の三ツ川レディース漢方鍼灸院

漢方薬  |  不妊|漢方|鍼灸|大阪|卵子の質改善|不妊専門の三ツ川レディース漢方鍼灸院

  • JR住道駅徒歩3分
  • TEL.072-872-5678

院長ブログ

2010年6月24日

漢方薬

先日、テレビのカンブリア宮殿という番組で

漢方薬を製造販売する会社ツムラが紹介されていた。

当院に通院され妊娠された方に、

「先生見ましたか?」と聞かれて、

録画していたのですが、

まだ見ていなかったので

昨日、さっそく見てみました。

西洋医学で治療を受けたが、

あまりよくなく、

漢方薬を処方すると劇的に良くなることがあるということで、

最近、病院でも漢方薬を処方するところが多くなっています。

漢方は中国で生まれた体系医学で、

鍼灸もそのひとつです。

その起源は2千年以上もさかのぼります。

そして、日本にも古くから伝わり、独自の発展をとげました。

漢方薬の処方や鍼灸、つまり東洋医学で特徴的なのは、

体全体をみるということです。

体全体のバランスを整えることで、

人が本来持っている自然治癒力や生命力を高めるものです。

ですから、病気の症状だけでなく、

一人ひとりの体質も診断しなければなりません。

この時に腹診や脉診、舌診といった

東洋医学独特の診断法などを駆使します。

そうして体の状態や体質をあらわす

「証(しょう、あかし)」を決めます。

このような考え方は、

西洋医学が臓器や組織に原因を求めていくのとは対照的です。

西洋医学では症状に対してお薬を出しますが、

東洋医学では「証」に基づいて漢方薬を出したり、

鍼灸治療をおこなったりしていきます。

ですから、東洋医学ではまだ症状が出ていない、

未病の状態でも証に基づき治療することができるのです。

ツムラでは内科医の先生方向けに東洋医学的な診断法を

身につけるセミナーを有料で開催しているそうです。

このような取り組みから、

西洋医学の多くの先生に

東洋医学の素晴らしさに気づき理解してもらうことは、

病気に苦しむ患者さんの為でもありますし、

私たち鍼灸師の為にもなるなぁと感じました。

それにしても、

当然のことですが、

私たち鍼灸師も内科医の先生方に負けないように日々研鑚し、

この素晴らしい東洋医学を

一人でも多くの人に喜んでもらいたいと思います。

 

三ツ川

 

未妊鍼灸施術のお問い合わせは→こちら