最終的には脈やお腹をみて東洋医学的に診断 | 不妊|漢方|鍼灸|大阪|卵子の質改善|不妊専門の三ツ川レディース漢方鍼灸院

最終的には脈やお腹をみて東洋医学的に診断  |  不妊|漢方|鍼灸|大阪|卵子の質改善|不妊専門の三ツ川レディース漢方鍼灸院

  • JR住道駅徒歩3分
  • TEL.072-872-5678

院長ブログ

2017年2月16日

最終的には脈やお腹をみて東洋医学的に診断

大阪で秘伝の「子授け灸」と「漢方薬」を施すことで、

卵子の質を良くし、子宮環境を整える不妊専門鍼灸院。

三ツ川レディース鍼灸院の院長三ツ川です。

 

昨日、新しく来院された方から、お話しを聞いていると、

こちらに来院される前に他の鍼灸院に通われていたとのこと。

 

「そちらの鍼灸院でどのような診立てでしたか?」と、

お尋ねすると、そのような診立ては無かったとのこと。

 

また、脈やお腹も見なくて、肩なら肩を重点的に施術します。

と説明があったそうです。

 

鍼灸にも色々なやり方はあると思いますが、

本来の東洋医学は、四診といった診断法を用いて、

その方のお身体の状態を東洋医学的に診断します。

 

そして、その診断法から「証(その方の体質)」を導き出して、

鍼灸治療をおこないます。

 

脈やお腹をみないということは、

東洋医学的な診断法の1つを行わないということになります。

 

現在、日本では、東洋医学的な鍼灸と西洋医学的な鍼灸があります。

脈診や腹診は東洋医学の基本的な診断法ですので、

東洋医学的な鍼灸を受けたいという方は、

最低でも脈やお腹をみる鍼灸院を選ぶといいと思います。