血のめぐりで大切なのは「量」と「流れ」 - JR住道駅から徒歩3分。不妊専門の三ツ川レディース漢方鍼灸院。

三ツ川レディース漢方鍼灸院

漢方・鍼灸師が教える。不妊体質改善ブログ

2016年9月27日

血のめぐりで大切なのは「量」と「流れ」

東洋医学でいう「血(けつ)」とは、

血液そのものだけでなく、

身体に栄養や潤いを与えたり、

身体を温めたりする働きのことをいいます。

 

子宮や卵巣がある骨盤内内臓は、

血管が細く「血」が滞りがちです。

 

そこへ、栄養不足などで、

「血」の量が少ないと、

東洋医学では「血虚(けっきょ)」という状態になり、

子宮や卵巣に「血」が十分に行き渡りません。

 

また、運動不足などで「血」の流れが滞ると、

老廃物がたまり「血」がスムーズに流れなくなり、

子宮や卵巣の働きがわるくなります。

 

ですから、東洋医学では女性の子宮、卵巣の働きを考える時、

この「血」の「量」と「流れ」をよく診るのです。

 

お問い合わせはこちらのフォームまで