「漢方薬」や「鍼灸」が合うのは女性? | 不妊|漢方|鍼灸|大阪|卵子の質改善|不妊専門の三ツ川レディース漢方鍼灸院

「漢方薬」や「鍼灸」が合うのは女性?  |  不妊|漢方|鍼灸|大阪|卵子の質改善|不妊専門の三ツ川レディース漢方鍼灸院

  • JR住道駅徒歩3分
  • TEL.072-872-5678

院長ブログ

2016年8月16日

「漢方薬」や「鍼灸」が合うのは女性?

小さな不調があらわれやすいのが女性です。

 

女性には、男性にない特有の生理周期があります。

これが不調となってあらわれやすい原因です。

 

女性の生理周期に関与するのが、

女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロンです。

 

このホルモンバランスの乱れがいろいろな症状を発生させます。

 

冷え、頭痛、めまい、不眠、イライラ、むくみ、ほてり、動悸などです。

 

こういった症状は不定愁訴とも言われますが、

検査をしても異常はみつからないことが多いです。

 

しかし、その不調に悩まされ、

日常生活に支障をきたす女性も少なくありません。

 

「漢方薬」や「鍼灸」は、

こういった不調を「未病」と捉えることで、

的確に対応することができるのです。

 

そういったことから、

「漢方薬」や「鍼灸」は、

女性の味方と言えるのではないでしょうか。

 

お問い合わせはこちらまで