気の働き | 不妊|漢方|鍼灸|大阪|卵子の質改善|不妊専門の三ツ川レディース漢方鍼灸院

気の働き  |  不妊|漢方|鍼灸|大阪|卵子の質改善|不妊専門の三ツ川レディース漢方鍼灸院

  • JR住道駅徒歩3分
  • TEL.072-872-5678

院長ブログ

2016年8月6日

気の働き

「気」は目に見えないエネルギーのことです。

 

目に見えないので理解しにくいですが、

全身に流れていて、さまざまな働きをしています。

 

この「気」には「先天の気」と「後天の気」の2つがあります。

 

「先天の気」は、両親からいただいたエネルギーのことで、

「後天の気」は、日々の呼吸や食べ物を消化して取り入れられ、

肺や脾で作られます。

 

この「気」の流れが滞ったり、

不足したりすると身体に不調が生じます。

 

その症状は下の3つに分けられます。

① 気滞  ②気虚  ③気逆

の3つです。

 

① 気滞

気の流れが滞っている状態を気滞と言います。

具体的には、手足や頭が重くなったり、

気分がすぐれなくなったり、沈みがちになったり、

色々なことをするのが億劫になることもあります。

また、ストレスを受けると気滞になりやすくなります。

気の流れは身体を動かすことで改善されますので、

積極的に身体を動かしましょう。

 

② 気虚

気が不足している状態です。

気が足りなくなると、元気がなく、ぐったりした状態になります。

また、食欲がなくなったり、味気がなくなったり、

食後には、疲れやすいと感じたり、

強い睡魔におそわれることもあります。

さらに、病気になって気が消耗しても気虚の状態になります。

 

③ 気逆

気が上に昇ってしまって、顔が赤くなったり、

足は冷たいのに頭がのぼせる、いわゆる「冷えのぼせ」です。

ひどいと手足のしびれる感じを訴えるひともいます。

冷えのぼせ、動悸、嘔吐、急に顔が赤くなるといった

症状に当てはまる方は気逆かもしれません。

 

お問い合わせはこちら