「漢方医学」と「中医学」の違いとは? | 不妊|漢方|鍼灸|大阪|卵子の質改善|不妊専門の三ツ川レディース漢方鍼灸院

「漢方医学」と「中医学」の違いとは?  |  不妊|漢方|鍼灸|大阪|卵子の質改善|不妊専門の三ツ川レディース漢方鍼灸院

  • JR住道駅徒歩3分
  • TEL.072-872-5678

院長ブログ

2016年7月29日

「漢方医学」と「中医学」の違いとは?

「漢方医学」は、古代中国で生まれた医学が、

古墳時代から飛鳥時代に日本に伝わって、

日本の国土や民族性に合わせて発展した医学です。

 

「中医学」は、現在の中国で今も行われている、

古代中国から発展した伝統医学のことです。

 

広い意味では、「東洋医学」として、

同じ医学として扱われますが、

「漢方医学」と言えば、

より日本人に合った「漢方薬」や「鍼灸術」と言えます。

 

「漢方医学」は現在に至るまで、

中国から伝わってきた医学のままでなく、

日本の気候風土、日本人の民族性、体質や生活習慣が加味され、

日本人に向くように独自に発展してきたものです。

 

そういったことから、

日本の鍼灸では経絡治療といった、中国では考えられない、

より繊細でほとんど刺すことのない流派の鍼灸治療が

生まれてきました。

 

当院での鍼灸治療は、

日本で独自に発展してきた、

「脉(みゃく)診流経絡治療」という「漢方医学」に属する治療法です。

 

日本で独自に発展してきたこういった流派の鍼灸は、

やはりよく日本人に合うものです。

 

日本人の為に発展してきた「心」と「身体」に優しい、

「鍼灸」や「漢方薬」を利用して、

「妊娠力」を高めてみませんか。

 

お問い合わせはこちら