不妊の検査を受けても異常なしと言われて | 不妊|漢方|鍼灸|大阪|卵子の質改善|不妊専門の三ツ川レディース漢方鍼灸院

不妊の検査を受けても異常なしと言われて  |  不妊|漢方|鍼灸|大阪|卵子の質改善|不妊専門の三ツ川レディース漢方鍼灸院

  • JR住道駅徒歩3分
  • TEL.072-872-5678

院長ブログ

2016年6月30日

不妊の検査を受けても異常なしと言われて

子どもが欲しいと思いたち、2年以上妊活しても妊娠にいたらず。

不妊の検査を受けても特に異常はないと言われる。

 

さらに体外受精とステップアップしても妊娠に至らない。

 

何か原因さえ分かれば、手立ても打てるのに、

原因も分からないので、どうすれば良いか分からない。

 

そう言われて来院される方がいらっしゃいます。

 

東洋医学には、「未病を治す」という言葉があります。

 

病気になる前の前兆となる不調。

その不調をそのままにして病気になる前に、

身体のバランスの崩れているところを見つけて、

「鍼灸」や「漢方薬」でバランスを整えて、

病気になる前に治すという考え方です。

 

現代社会では病気の早期発見が重要視されていますが、

それよりも早く身体の不調の改善に目を向けるということです。

 

多くの人は、

「冷え症」や「便秘」「肩こり」「生理痛がひどい」「頭痛」など

不調を抱えています。

 

痛み止めや便秘薬といった対処療法的な薬で誤魔化さずに、

どうして、そういった不調が出てくるのだろう?

そういった不調が出てくる、

本当の身体の原因に目を向けてほしいのです。

 

東洋医学では、そういったことや体質に目を向けていきます。

 

だから西洋医学でいう原因や異常が無くても、治療できるのです。

東洋医学の良いところです。

 

その不調に目を向け、バランスを整えることで、

女性本来が持つ妊娠力を高めることができるのです。