「漢方薬」と「鍼灸」で子宮や卵巣の力をつける | 不妊|漢方|鍼灸|大阪|卵子の質改善|不妊専門の三ツ川レディース漢方鍼灸院

「漢方薬」と「鍼灸」で子宮や卵巣の力をつける  |  不妊|漢方|鍼灸|大阪|卵子の質改善|不妊専門の三ツ川レディース漢方鍼灸院

  • JR住道駅徒歩3分
  • TEL.072-872-5678

院長ブログ

2016年6月26日

「漢方薬」と「鍼灸」で子宮や卵巣の力をつける

東洋医学では、子宮や卵巣には「血」が関与していると考えています。

 

ですから、東洋医学でいう、血が不足した状態の「血虚」や、

血が滞った状態の「瘀血」が女性には多くみられます。

 

漢方薬の処方は、その人、その時の症状によって違いますが、

「血虚」の場合は、足りない血を補ったり、流れをよくすることで、

冷え症や月経困難症などの症状が改善されます。

 

「瘀血」であれば駆瘀血の作用を持った漢方薬を処方し改善します。

また、卵子の加齢対策であれば、「腎」を補う作用を持った漢方薬がいいでしょう。

 

鍼灸施術では、「血虚」であれば、肝の経絡をしっかり補います。

「瘀血」であれば、瘀血処置を施すことで、

骨盤内内臓の血流が良くなり子宮や卵巣の働きが良くなります。

 

「漢方薬」と「鍼灸」の組み合わせは、

子宮や卵巣の力をつけることにおいて、

最適な治療法と言えます。