「漢方薬」と「鍼灸」で体外受精をサポート | 不妊|漢方|鍼灸|大阪|卵子の質改善|不妊専門の三ツ川レディース漢方鍼灸院

「漢方薬」と「鍼灸」で体外受精をサポート  |  不妊|漢方|鍼灸|大阪|卵子の質改善|不妊専門の三ツ川レディース漢方鍼灸院

  • JR住道駅徒歩3分
  • TEL.072-872-5678

院長ブログ

2016年6月22日

「漢方薬」と「鍼灸」で体外受精をサポート

当院では、

「漢方薬」と「鍼灸」で体外受精をサポートしています。

 

タイミング療法、人工授精、体外受精と治療が進むと、

女性ホルモンを使用することが多くなり、

東洋医学的には「瘀血」や「水滞」という状態になります。

 

「瘀血」であれば、

「瘀血」を除く代表的な漢方薬に鍼灸でも瘀血処置を施します。

 

また、ホルモンによるむくみや精神的な情緒不安定など、

もしくは月経前症候群やイライラ、便秘を伴う場合は、

「水滞」を除く漢方薬と鍼灸を施します。

 

その時の身体の状態に合わせて、

漢方薬の処方を選択することが大事です。

 

この診立てが重要で、

「漢方薬」と「鍼灸」の2つの知識を併せ持った施術家が、

身体全体を診たてることが重要になります。