初めての体外受精で妊娠されたKさん(37歳)が24週になられました | 不妊|漢方|鍼灸|大阪|卵子の質改善|不妊専門の三ツ川レディース漢方鍼灸院

初めての体外受精で妊娠されたKさん(37歳)が24週になられました  |  不妊|漢方|鍼灸|大阪|卵子の質改善|不妊専門の三ツ川レディース漢方鍼灸院

  • JR住道駅徒歩3分
  • TEL.072-872-5678

院長ブログ

2016年2月26日

初めての体外受精で妊娠されたKさん(37歳)が24週になられました

初めての体外受精で妊娠されたKさん(37歳)が24週になられました。

 

Kさんは、26年に嚢腫のため左の卵巣を部分切除されました。

その年から不妊治療も開始され、

ご主人の精子も少ないことから、

自然妊娠の可能性は低いとのことで人工授精からスタート。

5回目の人工授精で妊娠しましたが、6週目で流産。

その後転院して人工授精を続けられましたが、

妊娠には至らず、当院に来院されました。

 

クリニックでは体外受精にステップアップするとのことで、

鍼灸を併用して、より着床率を高めたいとのことでした。

 

東洋医学の診たてでは、腎が弱くなり腰痛、手足の冷え、疲れ、のぼせ、寝汗などの症状がありました。

 

鍼灸では腎と脾を養うことをメインに施術しました。

 

そして、体が整ったところで体外受精を受けてもらい見事妊娠判定陽性。

現在、24週になられ順調に経過しています。